療整院のロゴ
 
BLOG
療整院から院内・院外の情報を
お届けいたします。

2017.12.18

集中力を高める食べ物?!試験前や仕事に効果的!

仕事に集中できない、以前は10分で出来ていたことが今では1時間もかかる、ちょっとした事で集中力がすぐに途切れてしまう・・・。

このような状態なら、それは食べるべき食材を食べていないせいかも知れません。

信じられないかもしれませんが、食べ物は集中力にも影響します。
今回は集中力に影響する食べ物についてお話を致します。
o0640042714095129168

 

集中力・記憶力がUPするおすすめの食事

健康的な食事には良い面がたくさん!
病気、体重増加、コレステロール値の問題を予防し、集中力や記憶力を高めます。

脳をパーフェクトに機能させるために、これからご紹介する食材を積極的に摂りいれましょう♪

 

「オメガ3脂肪酸」たっぷりの青魚

「オメガ3脂肪酸」は脳の発達や維持に重要視され、細胞膜をしなやかにして情報伝達を円滑にするといわれています。

サンマやイワシなどの青魚類は、記憶力を上げたり頭を良くしたりする食べ物として、とても有名ですよね。

特にいろいろな味付けがある缶詰がおすすめです。栄養がギュッと詰まっていて、生の魚よりDHAが多く入っています。

 

「トリプトファン」を含む全粒粉を使った食材

「トリプトファン」は集中力を高めてくれるセロトニンの分泌を促す性質があり、乳製品や大豆製品、全粒粉のパンなどに多く含まれています。

このセロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれ、体をリラックスさせてストレスを軽減させてくれるのです。

脳内バランスを整えてくれるので、やる気アップにも繋げてくれます!

 

乳製品に含まれる「チロシン」で注意力の改善!

乳製品はカルシウムやその他栄養分を豊富に含んでおり、アミノ酸の一種である「チロシン」を多く含みます。

この「チロシン」という抗酸化成分は、ドーパミンの生成を促してくれます。注意力や活力を高める素晴らしい効果があるのです。

思考力も高めてくれるので、アイデアを生み出したい時などにも最適ですね!

 

美容にも集中力にも効果ありの果物

ブルーベリー

美容や目の疲れにも効果があるブルーベリー。

この小さな果物にはとても多くの有効成分が含まれています。

ブルーベリーには非常に多くの抗酸化成分が含まれており、脳内の酵素を活性化し記憶力や集中力を高めます。

バナナ

バナナにはカリウム、ビタミンC、マグネシウム、繊維が含まれています。

これらの成分から、バナナは脳機能(特に記憶力)にとても良い食べ物として知られています。

集中力に関連する様々な神経伝達物質(ドーパミン、ノルエピネフリン、セロトニン)の産生に役立つビタミンBも含まれています。

 

タンパク質を多く含む鶏肉

集中するには、脳に十分なタンパク質が必要です。
体に取り込まれると「チロシン」が放出されます。

ドーパミンやノルアドレナリンを促し、頭をすっきりクリアにして回転を良くします。

良質のタンパク質も含まれており、グリルや燻製、焼いたりして食べるのがよいでしょう。

週に2,3回は食べると効果的です。

 

「ブドウ糖」が豊富なチョコレート

脳のエネルギー「ブドウ糖」が多く含まれているチョコレート。

試験や難しいレポートを書く前に食べれば、良い結果を生み出します。

なかでも菓子類に含まれる精白された糖分は吸収が早く、30分ほどで脳に届くといわれています。

なんと、チョコレートの香りも効果大!
特有の香気成分は中枢神経系に作用して集中度を向上させる作用があり、注意力を向上させるそうです。

 

適度な食事量と仮眠でさらに集中力UP!

食べ過ぎは眠気の原因に

いくら記憶力や集中力に良いからと行っても食べ過ぎには注意しましょう。

お腹いっぱいになると集中力は劇的に下がってしまいます。

特に高GIの食品を多く食べると血糖値が急上昇した後に急降下し、急な集中力低下や眠気につながるのです。

白米と玄米を選べるなら玄米を選ぶ、午後の眠気を避けたい日はうどんよりそばを選ぶ。

ソースやチーズの量、パスタなどは少量に抑えるなど気を配り、果物や野菜を食べることも大事です。

 

仮眠をとる時の注意点

体内時計のリズムは、就寝時刻からおよそ15時間後に眠気のピークがくるようになっています。

日中12~16時ごろは眠気を感じやすく、集中しにくい時間帯です。

15時までに15〜20分程度の適度な仮眠をとることで、眠気や脳の疲れを効率よく解消できます。

その結果、集中力が回復して作業能率アップが期待できるのです

ただし15時以降に仮眠をとると体内時計が乱れ、夜の寝付きが悪くなりやすいので避けましょう。

 

まとめ

今回は、集中力を高めるための食事や量、仮眠についてお話しましたがいかがでしたか?

たくさんの食材をご紹介したので、どれから取り入れようか迷ってしまいますよね。

白米を玄米にして、肉を魚や大豆にするだけでも頭はすっきりとしてくるものです。

ちょっと意識するだけで試験前や仕事だけではなく、ストレス予防や毎日の活力にもなります。

多忙な方はサプリメントや健康食品で取り入れるのもありですね!ぜひ効果的な仮眠も取り入れて、やる気アップにつなげてみてください♪

関連記事
  • アーツの製品ブランドAPHROS(アフロス)
  • アーツのオンラインショップ
  • 健康と美容の豆知識
  • NPO法人ナスターレース
  • 札幌市北区の少年サッカー クラブチーム(U-15/U-12) L-WAVE.FC
  • 札幌市北区 教育系キッズストリートダンス クラブエクステンション
  • アシイク アフロス L.WAVE
  • リベルタサッカースクール
  • NPO法人ナスターレース
  • 札幌市北区の少年サッカー クラブチーム(U-15/U-12) L-WAVE.FC
  • 札幌市北区 教育系キッズストリートダンス クラブエクステンション
  • アシイク アフロス L.WAVE
  • リベルタサッカースクール