療整院のロゴ
 
BLOG
療整院から院内・院外の情報を
お届けいたします。

2018.05.24

肩こりが原因の頭痛やめまい、これで解消!

つらい頭痛やめまい、肩こりが原因で起こることはご存知でしょうか?

スマホの長時間の使用により、症状に悩まされる方も増えています。

今回は肩こりによって起こる頭痛やめまいのメカニズム、解消法についてご紹介したいと思います!

d717fda9da88cf2d0deedeec963ab1f9_s

頭痛やめまいの原因は首や肩こりにあり!

実は、頭痛やめまいは首と肩の不調からくるものが多いんです。

慢性頭痛のなかで一番多い緊張型頭痛も、実は肩こりが密接にかかわっています。

頭痛やめまいの詳しい原因を知って、解消法を探っていきましょう!

 

肩こりによる頭痛、めまいのメカニズム

実は、肩こりと頭痛やめまいが同時に起きるのにはメカニズムがあるんです。

脳には大量の血液が必要なため、首には左右で4本もの動脈が通っています。
ひどい肩こり(肩周りの筋肉の緊張)になると首の動脈を圧迫するようになり、血液循環が滞ります。

その結果、脳の酸素不足が起こり、頭痛やめまいの原因となってしまうのです。

人によっては頭痛やめまいだけでなく、吐き気、目の奥の痛み等の症状も出ることがあります。

また、今問題になっているのはスマホの使用による「ストレートネック」。

ゆるやかにカーブしているはずの首の骨が、スマホを使うとき視線を下に向けていたり同一の姿勢を続けることで、まっすぐになってしまった状態を指します。

首がまっすぐになると、それだけで肩こり、頭痛、めまい、集中力低下、不眠状態などが表れてくるのです。

頭痛やめまいに悩まされている方は、まず肩こりとストレートネックの解消を試してみましょう!

 

めまいを伴う頭痛は「緊張型頭痛」のサイン!

肩こりから来る頭痛として有名な緊張型頭痛」。

鉢巻きで頭の周りを締めつけられるような鈍い痛み、体がフワフワするようなめまいやだるさが続く場合は緊張型頭痛」が考えられます。

ストレスや同じ姿勢を続けることで肩や首の筋肉がこり、周りの血管が過度に収縮して神経が刺激されることで痛みが発生してしまうのです。

ストレスと肩こりの解消が、大きな改善策となってきます。

 

日常の中で肩こりの原因を探ろう

頭痛やめまいのメカニズムや誘因が分かったところで、肩こりの解消をすべく原因を見つけて行きましょう。

まだ症状がなくても、下記に思い当たれば肩が凝っている状態の可能性は高いといえます。             

 

・眼精疲労による原因

眼鏡、コンタクトによる過度の矯正や、スマートフォン、パソコンなどブルーライトの直視を長時間続けること。
特に集中してモニターを見ているとまばたきの回数が減りがちなので、眼精疲労につながりやすくなります。

 

・姿勢による原因

運転やデスクワーク等で長時間同じ姿勢でいること。
悪い姿勢のまま仕事をしていると、重い頭を支えている背中や肩の筋肉がつねに緊張した状態になり、肩がこりやすくなります。

 

・ストレスによる原因よって

肉体や精神のストレスが続くこと。
ストレスによって肩を中心とした筋肉が緊張し、血液循環を悪化させてしまいます。
過剰な緊張状態が続くと、肩こりが慢性化することもあります。

該当した方で症状が出ている方、出ていない方がいるとは思いますが、まずはご自身の日常生活に照らし合わせて極力原因をなくしていきましょう!

 

肩こりを解消して頭痛やめまいを取り除こう!

91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_s

原因が分かったところで、次は解消法です!

仕事上原因を無くすのは難しい! という方は下記の方法を試してみてください。

 

栄養と休養をたっぷりと

肩こりが原因の頭痛を解消するためには、十分な栄養と休養をとってストレスをなくし、心身の疲労を取り除くことが大切です。

食事やサプリメントでは、血行促進や疲労回復に効果的ビタミンB1、B6、B12を取るよう心掛け、カルシウムを多くリン酸は少なく摂ること。
冷えをなくすためにショウガを取り入れたり、カボチャやニンジンといった根菜類にも身体を温める効果があります。

お風呂にしっかり浸かって全身を温めて、血流をよくすることも大事。
温かくリラックスした状態で、たっぷりと睡眠をとりましょう。

 

スマホやパソコンとの位置や距離

また、スマートフォンやパソコンをよく見ている人は、定期的に目を休める必要があります。

注意としてスマートフォンとパソコンとで異なる点がひとつ。
それは「距離」です。

パソコンの場合、通常45センチ程度の間隔をあけて操作しますが、スマホの場合は近い場合で15センチ程度で使用している人もいます。

近くでモノを見続けるというのは、ピントを合わせ続けているということです。

画面を見る際には、近くにピントを合わせるために眼の毛様体筋が調節を行っているのですが、目を酷使することで負担がかかり症状が出やすくなります。

スマホと適度な距離をとり、定期的に目を休めるように心がけましょう。

 

また、机と椅子の高さを身体の軸の上に頭をのせるような高さに調整し、少しでも視線を上げること。
「ストレートネック」の改善にもつながります。

1時間毎に1回休憩をとることも心がけましょう!
少しの間遠くを見たりするだけで眼は休まりますし、頭を背骨の上にのせて首のラインを正すことも大事です。

同時に肩や腕の緊張をほぐすと眼も休まりますので、全身の筋肉を動かしましょう。

 

眼の疲れをとるマッサージ

水分を含ませてからよく絞ったタオルを、電子レンジでの加熱なら1分程度40℃ほどに温めます。

目の周りの皮膚は非常に薄く、刺激を与えすぎると逆に目を傷付けてしまう恐れがあるのでタオル越しにゆっくりとマッサージするのが良いでしょう。

また、眼の疲れをとるのに最も効果的で最も手軽な方法は十分な睡眠をとることです。

充分な休養をとり、眼の疲れをとることで肩こりを予防しましょう。

 

さまざまな原因や解消法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

つらい頭痛やめまいを解消して、シャキッとした毎日を送りましょう!

 

関連記事
  • アーツの製品ブランドAPHROS(アフロス)
  • アーツのオンラインショップ
  • 健康と美容の豆知識