療整院のロゴ
 
BLOG
療整院から院内・院外の情報を
お届けいたします。

2017.12.29

正月太りは予防できる!原因を知って効果的な対策を!

もうすぐ今年も終わりますね!

大晦日や正月は美味しいものがたくさんあります。

たくさん食べて飲んでたくさん寝て、そして気付いたら体重が増えている。

そんな経験のある人もいっぱいいると思います。

 

今回は正月太りを少しでも防げるようアドバイスをさせていただきます!

o0640042714100716977

 

正月太りを予防するために原因を知ろう!

実際に正月終わりに体重を測ったらかなり太ってしまっていた!という経験はありませんか?

正月太りの主な原因として挙げられるのは次の2つです。

 

1・不規則に食べている

正月は普通の休日に比べるとかなりの量を食べてしまうだけではなく、食べる時間もかなり不規則になることが多いです。

 

食事量もそうなのですが、不規則に食べているだけでも太る原因となります。

 

なので、食べる時間の関係だけでも太ってしまうのは当たり前と言えます。

 

 

2・動かないことが多く浮腫みやすい

さらにお正月はあまり動かないことが多く、脂肪がついて太るというよりも浮腫(むく)んでしまって太ってしまいます。

動かないとリンパの流れが悪くなってしまうのですが、流れが悪くなると水分をため込みやすくなり浮腫みやすくなるのです。

 

浮腫むと見た目も太って見えますが、当然体重も増加してしまうので非常に短時間でもかなり太ってしまうことにつながります。

 

 

正月太りを予防するための3つの方法

今までと違う生活をするのがこの正月なので、正月太りしないためには予防対策をしていくことが大切になってきます。

正月太り予防に効果的な方法には次の3つの方法がありますよ!

 

① 食べ過ぎに注意!食事量を適切に管理しよう

正月の料理はとても美味しいですが味が基本的に濃いことが多く、その分塩分や砂糖、脂質などが多く含まれます。

 

料理を食べるのはもちろんいいのですが、量などを管理していくことが大事です。

食事量を適切に管理することで食べ過ぎなどを避ける事により、正月太りしにく身体になっていきます。

 

 

② 食事の前の空腹時には米油が効果的!

瓶詰めの圧縮性の米油を食事の30分前に15ml摂取してみましょう。

カロリーを気にせずに脂っこい料理などを食べても、太りにくくなる効果があります。

 

米油を摂取すると人間の細胞内にあるミトコンドリアがエネルギーを産生し、そのエネルギーが着火剤となり脂肪を分解してくれます。

 

空腹時の米油は脂肪代謝の手助けをしてくるのです。

 

食事の前に摂取しておくと脂肪を燃やしてくれるシステムとなるので体重の増加を防ぎます。

たくさんの量を食べる場合は30mlに増やしてあげるとより効果的でしょう。

 

 

③ 適度に動いて浮腫を解消!

正月太りのもう一つの原因がむくみです。

なぜむくむのかというと、動かないことによってリンパの流れが悪くなってしまうから。

リンパの流れが悪いと体にある老廃物を血液で排出できないためそれがむくみに繋がります。

せっかくの正月休みだし動きたくない!と思うかもしれませんが、ある程度動くようにして生活することをオススメします。

 

また、ストレッチも効果的ですよ。

正月太りに限らず、日頃から太らないようにするためにも気を抜くのではなくて、体のことを考えながら生活をしていきましょう。

 

 

まとめ

今回は、正月太りの予防と原因についてお話しましたがいかがでしたか?

ポイントをまとめると・・・

 

・正月太りの原因は、不規則な食生活になりがちなことと、動かなくなるため浮腫むこと。

・効果な予防方法は次の3つ
①適切な食事量の管理 
②空腹時に米油を摂取し代謝しやすい身体に
③適度な運動で浮腫を防ぐ

 

正月太りを予防するには適度に体を動かし食事の量を管理することが大切です。

もうすぐ新年!普段の食事管理はもちろん、普段運動されない方はこの機会にジムに通うなど、新しいことにチャレンジする1年にしてみませんか?

普段の生活から健康な身体づくりをしたいという方は、生活の中に健康グッズを取り入れてみるのもオススメですよ!

 

関連記事
  • アーツの製品ブランドAPHROS(アフロス)
  • アーツのオンラインショップ
  • 健康と美容の豆知識