療整院のロゴ
 
BLOG
療整院から院内・院外の情報を
お届けいたします。

2018.04.18

ストレッチで腰痛を改善!姿勢の悪さが原因に!?

多くの人が悩んでいる腰痛、実は直接腰に原因があるとは言えないのです。

様々な原因が挙げられますが、特に腰痛には姿勢の改善が効果的というのはご存知でしょうか?

今回は腰痛の原因、腰痛改善のためのストレッチについてお話したいと思います!

86a5debe5ef33399960ce020e5464e76_s

腰痛の原因は主に3つ

腰痛の主な原因として、足の使い方、血流の悪さ、背骨のゆがみが挙げられます。

 

1.足の使い方

利き足と軸足の差が大きいと腰痛になりやすいと言われ、普段の歩き方や立ち方、体重のかけ方の左右差が広がると腰痛が発症します。

この「左右差」を少なくするためには、生活の中で軸足と利き足のバランスをできるだけ均等にし、なるべく足を組むなど片方に負担のかかる動作は避けるようにしましょう。

毎日30秒ほど正座をすることも効果的。

利き足と軸足に対して同じ力で圧をかけ、足首やひざの周りの筋肉や関節の状態を、左右均等に整えてくれます。

 

2.血流の悪さ

血流が滞った結果、腰の痛みにつながることもあります。

血流が悪くなると影響が出るのが筋肉。
疲労物質が溜まりやすくなり、この疲労物質を代謝しようとする体の働きが腰痛として現れるのです。

運動不足や食生活の乱れ、ストレスや睡眠不足で血液の巡りが悪くなることも。ご自身の生活習慣を見直すことも大事です。

血液の循環を良くするには、腹巻や肌着、室温などを工夫して冷えを取り除くのも効果的ですよ!

また、血液のほかに体液の循環も大事。
糖分や塩分の摂りすぎは循環する体液の質を悪くするため、控えめにしましょう。

水分を積極的に摂取し、体をめぐる水分や体液の質も意識してみるといいですね。

 

3.背中の歪み

実は「背骨にゆがみ」から腰痛になる方がとても多いんです。

背骨がゆがんでいると腰周りの神経が圧迫されて痛みが発生します。

背骨のゆがみから骨盤が歪み、連動するように腰の骨もずれて傷みが生じることもあります。

頬杖をついたり、足を組んだり、片足重心立ちや猫背など、日常のちょっとした癖で歪んでしまうので注意が必要です。

背骨がゆがむと腰痛だけでなく、肩が凝る、頭が重い、便通が乱れる、身体がだるい、冷え性、むくみなど様々な悩みが出てきてしまいます。

背骨の歪み、バランスを整えて姿勢を正すには、毎日のストレッチが効果的です!

 

姿勢を正し、腰痛を改善するストレッチ

89edaf5ddc2ffd2b72931fcf4a6c5963_s

姿勢を正す基本のストレッチと、背中の筋肉をほぐして腰痛を改善するストレッチをご紹介します。

 

太もものストレッチ

正座した状態で上体を後ろへ倒し、無理のない体勢で10秒間キープ!
太ももの前側が伸びを感じるくらいで行いましょう。

 

腰のストレッチ

足を肩幅に開いて両腕を体に巻きつけ、背骨を軸にして腰を左右にゆっくり回します。左右に10回ずつ繰り返しましょう。

 

腰痛を改善する背中のストレッチ

背中の筋肉が固まってしまった方に有効なストレッチです。
特に猫背や腰痛持ちの方に効きます。

普段足のストレッチをしていない方にもいいですね。

①足と背中を壁にL字になるようにつけます。 ポイントは足とお尻をぴったり壁につけること、膝裏を出来るだけ床に付けるようにすることです。

②この状態から足を返して両手をバンザイします。

③ 鼻から2秒しっかり息を吸って6秒かけてゆっくり息を吐き、手と足を戻します。

これを2~3回繰り返しましょう。

ただし、お風呂上りや高血圧の方は無理しないように注意です。

頭を高くするとより効果的なので、ぜひチャレンジしてみてください♪

 

関連記事
  • アーツの製品ブランドAPHROS(アフロス)
  • アーツのオンラインショップ
  • 健康と美容の豆知識