療整院のロゴ
 
BLOG
療整院から院内・院外の情報を
お届けいたします。

2018.05.28

血管も老ける!?血管年齢を若返らせる食べ物をご紹介!

最近「血管年齢」という言葉を見たり耳にしたりすることはないですか?
実は、私たちの身体中に張り巡らされている血管は加齢とともにどんどん老けていきます。
血管が老けるとはどういうことかイメージしにくいかもしれませんね。

そこで今回は血管年齢についてのお話です。

血管の老化とはどういう状態か、老化を進める原因や血管年齢を若返らせる食べ物 についてご紹介します!

62650aef021afa8a90749f8f8256215c_s

 

「血管の老化」ってどういう状態?

血管の主な働きは、全身に酸素や栄養素を届けるために血液を流すこと。
スムーズに血液を流すためには血管はしなやかで弾力がなければいけません。

しかし、歳をとるとともに血管のしなやかさや弾力性はどんどん失われていきます。

これが血管の老化です。

本来であれば、加齢とともに血管も老化していくのですが、現代においては食生活の偏りや運動不足などにより血管の老化スピードが速くなっている傾向があります。

血管年齢が実年齢より10歳〜20歳も高い人も少なくないんですよ!

 

 

血管年齢が高いとこんなリスクがある!

血管年齢が高くなると血管のしなやかさや弾力が失われ血管をスムーズに流せなくなるとお話しましたが、「血管がスムーズに流せなくなる」=「血流が悪くなる」と次のようなリスクが起こりやすくなります。

 

冷え性

女性に多い冷え性え症ですが、手や足の先までしっかり血液がめぐりづらくなる、つまり血液循環が悪いことが原因の1つとされています。

血管年齢が高くなると血管が硬くなり血流が悪くなるので、このように体の隅々までしっかり血液が行き渡らなくなってしまい冷え性になってしまうのです。

 

肌荒れやシミなどの肌トラブル

血流が悪くなると、栄養素や酸素も十分に行き届かなくなるため肌荒れやくすみなど美容にも大きな影響を与えてしまいます。

また、血管年齢が高いと「肌年齢」も高くなってしまいます。
実年齢よりもグッと老けた印象を与えてしまうので、美容に気をつかう女性は特に気をつけたいですね!

 

動脈硬化による脳梗塞や心筋梗塞

血管年齢が高くなることで一番恐ろしいのが、動脈硬化になり血管が詰まってしまい脳梗塞や心筋梗塞になってしまうことです。

実は日本人の死亡原因の3割が動脈効果による脳血管疾患、心疾患によるもの。
動脈硬化は「沈黙の殺人者」と呼ばれ、自覚症状がわかりづらいので定期的に検査などを受けて血管の状態をチェックしておきましょう!

 

 

血管年齢が高くなる原因をチェック!

血管年齢が高くなる原因は次のような生活習慣です。
いくつチェックがつくか確認してみましょう!

 

◽︎ 揚げ物など油っぽい食べ物をよく食べる
◽︎ しょっぱいものが好き
◽︎ 甘いものが好き
◽︎ スナック菓子などをよく食べる
◽︎ お酒をよく飲む
◽︎ 太っている、もしくは以前に比べてかなり太った
◽︎ 必要以上に歩かない
◽︎ 運動が嫌い
◽︎ 睡眠不足であることが多い
◽︎ タバコを吸う
◽︎ ストレスを感じることが多い

 

あなたはいくつチェックがつきましたか?
チェックが多くついた人は血管年齢がすでに高い可能性大ですよ!

上記の項目の中でも特に注意したいのが、油っぽい食べ物を頻繁に食べることによるコレステロールの摂り過ぎです。

コレステロールを摂りすぎると血液がドロドロになってしまい、動脈硬化を起こしやすくなります。
そうなると血流が悪くなり、血管年齢が高くなってしまうというわけですね。

 

 

血管年齢を若返らせる食べ物はこれ!

実は老けてしまった血管は若返らせることができるってご存知でしたか?

血管年齢を若返らせるためには、血液をサラサラにしてくれる食べ物が効果的です。

血液をサラサラにする食べ物には次のような食べ物がおすすめですよ!

 

青魚(サバ、イワシ、サンマなど)

青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といった脂肪酸は血液を固まりにくくしたり血管を強くしたりする効果があります。

 

緑黄色野菜(ブロッコリー、かぼちゃ、にんじんなど)

緑黄色野菜に含まれるカロチノイドは実は抗酸化作用が強いことで有名なポリフェノールの一種で動脈効果の予防に効果的です。

 

玉ねぎ

玉ねぎに含まれるケルセチンもポリフェノールの一種で脂質の吸収を防いでくれるので、動脈硬化の予防に効果があります。

 

納豆

納豆に含まれるナットウキナーゼは酵素の一種で、血液の固まりを溶かして血液をサラサラにしてくれます。

 

この他にもコレステロールの吸収を防いでくれる昆布やわかめなどの海藻類や、抗酸化作用が強いビタミンCやEが含まれている小松菜やキウイ、ナッツ類などもおすすめです。

もちろん、食生活だけではなく規則正しい生活や適度な運動を取り入れて血管年齢を若返らせましょう!

 

 

血管年齢を若返らせて血液サラサラに!

今回は血管年齢についてお話してきましたが最後に血管に関するクイズを1つ!

人間の血管の総延長は次の3つのうちどれくらいの長さでしょうか?

 

①約1万キロメートル
②約5万キロメートル
③約10万キロメートル

 

 

 

 

答えは③の約10万キロメートルです!

10万キロメートルと言ってもあまり想像つきませんよね?
どれだけ長いかわかりやすく比較をすると、、、地球1周が約4万キロメートル。
人間の血管の長さは地球2周分以上なんです!

ちなみに全血液量は体重の約13分1。
60キロの人ならおよそ4.5リットルもあります!

これだけ身体にたくさんあるという事はそれだけ血管(血流の流れ)が大切という事ですね!

血管年齢が高くなると脳梗塞や心筋梗塞など命にかかわる怖いリスクも高くなります。
健康のために定期的な運動、水分補給などで血管が老けないように心がけましょう!

 

関連記事
  • アーツの製品ブランドAPHROS(アフロス)
  • アーツのオンラインショップ
  • 健康と美容の豆知識