療整院のロゴ
 
BLOG
療整院から院内・院外の情報を
お届けいたします。

2018.06.11

野菜が健康に良いというのは勘違い?食生活を見直そう!

ダイエットをする際に、野菜だけしか摂取しない方法をとってはいませんか

確かに野菜にはたくさんの栄養素が入っています。

しかし、食事制限をしても「野菜は食べてるから栄養は大丈夫」と思っているのならば、実はとても危険です!

今回は健康に痩せるために必要な栄養素と食生活の見直しについてお話します。

o0640041714066132242

 

健康に痩せるためには野菜だけだと逆効果!

例えば、ほぼ野菜や木の実だけしか食べてない国があります。

その国の人たちはタンパク質や脂質が足りていないため、決して健康的ではないですし、長寿の国でもありません。

逆にそこの国の人たちにとっては、足りていないタンパク質や脂質が健康的な食べ物になります。

本当に健康的な食べ物といえるのは、みなさんの体に足りていない栄養素を含んでいる食べ物なのです。

健康的な食生活とは、自分に何の栄養素が足りてないか見極めること、栄養のバランスを考えることが何より大事になってきます。

実は野菜だけを食べるダイエットは逆に太ってしまうこともあるんです!
なぜ逆効果になってしまうのか、お伝えしていきますね。

 

筋力と代謝が下がる

野菜はビタミンが多くて体に良いのですが、足りない栄養素があります。
それは人間の体をつくる「糖質、脂質、タンパク質」の三大栄養素です。

急に極端なカロリー制限を行うと、基礎代謝が下がって逆に代謝の悪い痩せにくい体になってしまうのです。

カロリーからエネルギーを消費できなくなってしまうと、体がエネルギーを捻出するために筋肉を壊し、筋肉からエネルギーを引っ張り出そうとします。

脂肪を燃やすためには、筋肉が必要不可欠です。
野菜だけの食事は、脂肪を燃やすための代謝(たいしゃ)の力がおちてしまいます。

 

低体温やむくみを招く

生野菜やサラダばかりの食事をしていると内蔵を冷やしてしまい、低体温になりやすいです。

体が冷えることで血行不良を招き、食べ物を受け取るの消化吸収能力も落ちてきます。

胃腸が弱れば余分な水分を体外に出すことができなくなり、水分を溜め込んで太っているように見えてしまうことも。

代謝が悪くなることでむくみやすくもなるため、ダイエットには逆効果といえます。

 

リバウンドしやすい

野菜のみを摂取すると、脳のエネルギーになる糖質が体内で不足しやすくなります。

糖質がないと集中力の低下を招き、イライラや頭痛を起こしたり、様々な症状が出てきてストレスが溜まります。

ストレスでつい暴食に走り、リバウンドしやすくなるのです。

体内に糖質が不足しているときに糖質が多いものを一気に食べると、血糖値がぐんと上がります。
このとき体は血糖値を下げるためにインスリンを多量に分泌させて、糖質を脂肪に変えてしまうのです。

 

健康的に痩せるための上手な野菜の摂り方

即効性のあるダイエットはリバウンドするのも早いです。

美しさは健康があって初めて成り立つもの。
ダイエットに効果的な野菜の取り入れ方をご紹介します。

 

糖質や脂質が多い食事に組み合わせる野菜

この場合食物繊維やカルシウムなどが不足してしまうので、ホウレンソウやごぼうなどを鉄分や食物繊維が豊富の野菜を摂るのをおすすめします!

しかし人参は食物繊維が豊富ですがGHが高いため、糖質に偏った食事をしている人はあまり摂らない方がいいですね。

パンなど脂質の高い食事になってしまった場合は、たんぱく質が足りないため、大豆でできている納豆や豆腐などを食べると良いですよ。

 

夕食の一食だけを野菜に置き換える

3食の食事のうち一食のみを置き換える方法であれば、栄養の偏りは防げます。

即効性はありませんが、長く続けやすくリバウンドも少ないので健康的に痩せることが可能です。
具だくさんの野菜スープや野菜蒸しが特におすすめ!

特にエネルギーの消費量が少なくなってしまう夕食は、体脂肪として蓄積されやすいので、野菜でカロリーを低く抑えると一番効果的です。

 

おやつの代わりに野菜を食べる

ダイエット中どうしても欲しくなってしまう間食。
野菜なら食べても罪悪感が少ないですよね。

枝豆や野菜スティックだとコンビニでも手に入りますし、気軽にとり入れやすいです。

枝豆は美容効果のあるイソフラボン、脂肪をつきにくくするサポニンを含み、食べ過ぎも抑えてくれる効果があります。

お腹にたまりやすいサツマイモもおすすめ!
白米の1/3程度のカロリーで、ビタミン、カリウム、食物繊維を豊富に含んでいます。

ただし糖質もあるので、食べ過ぎには注意ですよ。

 

野菜だけのダイエットに偏らず、食事のバランスを考えて健康的にすっきりとしたボディを目指しましょう!

関連記事
  • アーツの製品ブランドAPHROS(アフロス)
  • アーツのオンラインショップ
  • 健康と美容の豆知識